How To

あの動物とも触れ合える! 全国の「個性派&おもしろ動物園」8選

文/ニクイねぇ!PRESS編集部

2018.03.12

7.個性豊かなゾウに会える!

市原ぞうの国(千葉・市原)

ぞうさんショー (2)

国内最多飼育数、なんと12頭ものゾウが暮らす「市原ぞうの国」。インド、アフリカ、タイで生まれたゾウに加え「市原ぞうの国」で生まれた3頭のゾウたちが暮らしています。

映画『星になった少年』のモデルとなったアジアゾウのランディや、お絵描きや文字を書くことができる、日本で初めて自然哺育で成長したアジアゾウのゆめ花(※)など、話題のゾウたちに会えます。また、ゆめ花の書いた絵や書は、ギフトショップ「パオパオ」で展示・販売されています。

(※)ゆめ花は、2017年11月12日よりママになるため、沖縄こどもの国に滞在しています

おやつタイム

ダイナミックなゾウのショーでは、ゾウがサッカーやダンスをしたり、小さな台に乗ったりと、何頭ものゾウたちが見事な動きを見せてくれます。

アトラクションや触れ合い体験も充実していて、ゾウに乗って広場を1周できる「ぞうさんライド」や、ゾウの鼻にぶら下がって記念撮影ができる「ぞうさんリフト」、子ゾウといっしょに記念撮影など、いずれも見逃せません! 

ぞうさんリフト

園内には、ゾウのほかにも約100種類400頭(羽)の動物たちが暮らしていています。プレーリードッグ、アルパカやラマをはじめ、たくさんの草食動物たちに直接エサを与えたり、ラクダやポニーに乗ったりすることもできます。

心やさしく感情豊かなゾウの新たな一面を、家族や友人と見に行きましょう!

 

●市原ぞうの国

所在地:千葉県市原市山小川937

アクセス:[バス]アクアライン高速バス「市原鶴舞バスターミナル」下車、タクシーまたは無料送迎バスで約10分 [クルマ]圏央道・市原鶴舞 ICより約5分。 

営業時間:9:00〜17:00(最終入園16:00)、12〜2月は10:00開園 ※GW期間は変更

定休日: 毎週木曜日(祝日および春・夏・冬休み期間を除く。その他、休園日あり。公式ホームページでご確認ください)

駐車場:1000円

http://www.zounokuni.com

 

 

8.珍しい霊長類がいっぱい! 新たに3つのゾーンがグランドオープン

ときわ動物園(山口・宇部)

シロテテナガザル3

2016年3月19日に新たに3つのゾーンが完成し、グランドオープンした「ときわ動物園」。全部で5つのゾーンとなった園内は、動物たちの生息地を再現した4つの異なる環境の展示ゾーンと、学習施設ゾーンとで構成されています。

ボンネットモンキー2

国内最多の飼育数を誇るボンネットモンキー、シロテテナガザルなど、めったに見ることのできない霊長類の展示をメインとする動物園です。

「中南米ゾーン」では、アマゾン川流域とパンタナール湿原の環境を再現し、そこに生息する動物たちがのびのびと暮らしています。また、水辺に浮かぶ浮島では、コモンリスザルが樹上で生活する姿を見学できます。さらに、陸のエリアでは、歩道にある木々へと遊びにきたフサオマキザルに出会えることも!

パタスモンキーを借景にしたミーアキャット

「アフリカの丘陵、マダガスカルゾーン」では、草原や岩場、半砂漠有棘林などの環境が再現され、最高55km/hもの速さで移動する世界最速のサル、パタスモンキーや、額にあるオレンジ色の三日月状の毛が珍しく、世界で最も美しいサルといわれるブラックザグエノンを見ることができます。

2015年3月にリニューアルオープンした「アジアの森林ゾーン」では、水が苦手なシロテテナガザルが池の中の島で生活しています。本物の木々や倒木が配置された島で、高さ10m付近を活発に移動する姿は要チェック!

コツメカワウソ

さらに、46頭ものボンネットモンキーが暮らす展示場では、ボンネットモンキーの水にもぐれる習性を利用し、水場を設けた場内で、国内初となるコツメカワウソとの同居展示を行っています。野生の地を探検するかのように、珍しい動物たちを間近に感じ、工夫が施された展示方法を楽しめる「ときわ動物園」へ出かけてみませんか?

 

●ときわ動物園

所在地:山口県宇部市則貞3-4-1

アクセス:[電車]常盤駅より徒歩15分 [クルマ]山口宇部道路・宇部南ICより約5分

営業時間:9:30〜17:00(冬休み、春、GW、夏の期間中の土日祝は9:00開園)

定休日:火曜、祝日の場合は翌日休み(不定期の休園あり。詳細は公式ホームページでご確認ください)

駐車場:普通車200円〜(時間制)

https://www.tokiwapark.jp/zoo/

 

今回ご紹介した8つの動物園は、お子さんはもちろんのこと、大人も楽しめるスポットばかりです。遠くの場所でも、足を延ばして訪れる価値あり! 春休みやゴールデンウィークの家族旅行の行程に加えてみてはいかがでしょうか。 

※データは2018年3月現在のものです。

 

●こちらの記事もおすすめです

休日、子どもといっしょにどこへ行こう? と悩むママやパパに向けて、気軽に親子で楽しめて、ついでに学べてしまう素敵なスポットをご紹介します。いずれも、Instagram(インスタグラム/以下、インスタ)で1万件以上のタグ付き写真が投稿されている“インスタ映え”するスポットです!

SNSのなかでも、写真に特化したツールとして人気の高いInstagram(インスタグラム/以下、インスタ)。最近は、フォトジェニックな写真映えするスポットでの撮影や、インスタ映えするおしゃれな写真の投稿がブームになっています。そこで、思わずインスタにアップしたくなるおでかけスポットに注目しました。子ども連れだと世界の絶景を見に行くのは難しいけれど、日本国内であれば、旅行がてら足を伸ばすことができます。

親子三世代みんながおいしくいただけて、簡単&豪華に見える行楽弁当レシピを、料理家の横山久美子さんに教えてもらいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加