How To

これが無料なの!? 子どもと楽しめる0円スポット8選・第2弾!

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2016.11.04

休日には家族みんなでおでかけして、動物と触れあったり、科学を体験したり、自然を満喫したり……、子どもにいろんな経験をさせたい! そこで、費用の心配がいらない、全国の無料で遊べるスポットを集めました。好評だった第1弾に続く第2弾です。オススメの年齢別にご紹介していますので、お子さまの年齢に合わせておでかけください!

 

1. 都内で個性豊かな動物たちとふれあえる!

江戸川区自然動物園【東京・江戸川】

★オススメの年齢:乳幼児〜小学生

edogawa-動物園入口小

江戸川区立行船公園内にある自然動物園には、約60種550点の動物が暮らしています。レッサーパンダやワラビー、フンボルトペンギン、プレーリードッグ、そして、ほかではあまり見られないワタボウシパンシェ(サル)など、入園無料とは思えないほどたくさんの動物と出会えます。

edogawa-ふれあいコーナー2

1日2回、利用時間内に動物とふれあえる「ふれあいコーナー」では、ウサギ、モルモット、ウコッケイ、ヒツジ、ヤギを自由にさわることができます。なかには、テレビに出演したミミナガヤギの「シナモン」や、ジャンボウサギなど個性豊かな動物も!

このほか公園内には、ジャンボスライダーなど子どもたちがよろこぶ遊具が充実。また、四季折々の自然を楽しめる「平成庭園」など、大人がのんびりできるスポットもあり、家族みんなで楽しめます。都内で動物や自然とのふれあいを楽しみましょう!

 

●江戸川区自然動物園

所在地:東京都江戸川区北葛西3-2-1

入園料:無料

アクセス:[電車]東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分 [バス]西葛西駅から都営バス新小21「宇喜多」または「北葛西2丁目」下車すぐ [クルマ]首都高7号線・小松川ICより船堀街道を南下約2.8km

開園時間:10:00〜16:30(土日祝、11月~2月は9:30〜16:00)

休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

http://edogawa-kankyozaidan.jp/zoo/

 

 

2. 充実した遊具と花々を1年中楽しめる!

138タワーパーク【愛知・一宮】

★オススメの年齢:未就学児〜小学生

138tower-フワフワドーム

子どもに大人気の遊具や、1年を通して楽しめる花々など、見どころ満載の「138タワーパーク」。 一番人気の「フワフワドーム」では、飛んだり跳ねたりトランポリンのように遊べます。

138tower-大型木製遊具

大型の木製複合遊具「冒険の砦」には、長いローラー滑り台やターザンロープがあり、「子どもの街」にはログハウス風の小さな家が立ち並び、クイズのしかけもあります。

138tower-つどいの広場

家族で楽しめるスポットとしては、テニスコート約2面分の人工芝やクライミングウォールのある「つどいの広場」が人気。また、大型のコンビネーション遊具や小型の滑り台、吊り橋といった小さな子ども向けの遊具や、お弁当を広げてゆったり過ごせる芝生がある「芝生広場」もオススメです。

ほかにも、水深10~20cmと浅く、子どもから大人まで水遊びが楽しめる「やすらぎの池」、9品種約4000株の四季咲きのバラが植えられた「ローズストリーム」など、自然のなかのスポットが盛りだくさん。施設内には売店や自動販売機、休憩所、軽食所も多数あるので、小さなお子さん連れでも安心して楽しめます。

 

●138タワーパーク

所在地:愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3

入園料:無料(ツインアーチ138は有料)

アクセス:[電車・バス]名鉄一宮駅より、名鉄バス「一宮総合体育館行き」で「138タワーパーク」下車 [クルマ]東海北陸自動車道・一宮木曽川ICより約8分

開園時間:9:30~17:00 (土日祝、11/23〜12/25は21:00まで)

休園日:毎月第2月曜日(休日の場合は翌平日)※12月、8月を除く

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

※ベビーカーの貸し出しあり

http://www.kisosansenkoen.jp/

 

 

3. 森林に囲まれた広大な敷地で思い思いに遊ぶ!

松本市アルプス公園【長野・松本】

★オススメの年齢:乳幼児〜小学生

松本市街地の丘陵に、約71万㎡もの広さ(東京ドーム約15個分)を誇る「松本市アルプス公園」はあります。自然豊かな敷地内は、「ファミリーゾーン」と「学びと健康とスポーツゾーン」に分かれています。

ファミリーゾーンには、大きな芝生、大型遊具、動物に出会える「小鳥と小動物の森」をはじめとしたエリアがあり、どれも無料で楽しめます。広々とした芝生「家族広場」では、ピクニックやボール遊びを楽しめるほか 、うれしいことに直火でなければ火気の使用が可能なので、BBQを自由に楽しむこともできます。

matsumoto-園内(子供冒険広場)

大型遊具が並ぶ「冒険広場」には、長いローラー滑り台やフィールドアスレチック、岩山滑り台、木製複合遊具などがあり、冒険感覚を味わえます。

matsumoto-小鳥と小動物の森

約50種350頭の動物が飼育されている「小鳥と小動物の森」では、森林の中を散歩するように、ニホンザル、ポニー、ニホンジカなど、さまざまな動物の暮らしを見ることができます。「バードホール」で多種多様な鳥を観察したり、「ふれあい広場」でモルモットやヤギ、ミニブタと触れあったりして楽しめます。

「山と自然博物館」では、5階の無料展望室から、北アルプスをはじめ360度の素晴らしい景色を一望。学びと健康とスポーツゾーンには、里山の生き物に触れあえる「しぜんかんさつの森」や、里山の生活を体験したり、自然の素材を生かしたフィールドアスレチックを楽しめたりする「森の里広場」など、まだまだ楽しめるエリアがたくさん!  1日では足りないほど盛りだくさんの松本市アルプス公園で、森林浴をしながら思い思いに遊びましょう!

 

●松本市アルプス公園

所在地:長野県松本市大字蟻ケ崎2455-11

入園料:無料(ドリームコースターなど一部有料)

アクセス:[バス]松本電鉄バスターミナルより「アルプス公園線」で10分  [クルマ]長野自動車道・梓川スマートICより約15分

開園時間:公園入園自由、小鳥と小動物の森:9:00~16:30(11〜4月は16:00まで)山と自然博物館:9:00~17:00(入館は16:30まで)

休園日:なし、山と自然博物館:毎週月曜日(休日の場合は翌日)、年末休業(12月29日~1月3日)

授乳スペース:○(山と自然博物館2階)

オムツ替えスペース:○(各多目的トイレ内)

http://toybox-net.jp/alpspark/

 

 

4. 赤ちゃんや小さな子どもも楽しめる!

天童市 子育て未来館げんキッズ【山形・天童】

★オススメの年齢:乳幼児〜小学生

tendo-ゆめ広場 (2)

年齢に応じて、多彩な遊びや親子での交流を楽しめる、天童市の地域子育て支援拠点施設「子育て未来館げんキッズ」。2015年5月にオープンした敷地内には、年齢別に分かれた3つの広場があります。

tendo-ハイハイ広場

赤ちゃん〜2歳までの乳幼児向け「ハイハイ広場」では、柔らかいクッションのある床に、小さなデコボコが楽しい「ハイハイロード」や、小さい子ども向けのボールプール、広場内を自由に動かせるおもちゃなどがあります。

tendo-ゆめ広場

3〜5歳の未就学児向け「ゆめ広場」では、動くのが楽しい年齢ならではの遊具がたくさん! 自由に跳び回れる「ふわふわトランポリン」や、小さな遊具が設営された「ボールプール」、なかに入って転がれるサイバーホイールのある「ごろごろりん」に加え、たくさんのおもちゃが用意されている「おもちゃコーナー」もあります。

tendo-ぼうけん広場

6歳〜小学生向けの「ぼうけん広場」には、思いっきり遊ぶのにピッタリのクライミングウォールや、トンネルなどの遊具が充実。なかでも、ネットのスロープを上って頂上から滑り降りる、大きなスライダー付き大型遊具「ラ・フランスタワー」が大人気です。

tendo-外観

また、子育てママにうれしい情報交換の場「子育てカフェ」や、子育て講座などで交流を生み出す「多目的エリア」、子育てについての「相談室」といったスペースもあり、ママ同士の交流の場としても最適。天気や季節、子どもの年齢に関わらず、誰もが大満足の遊び場です。

 

●天童市 子育て未来館げんキッズ

所在地:山形県天童市芳賀土地区画整理事業地内6街区1符号

入館料:無料(研修室など一部有料)

アクセス:[電車]JR「天童南」駅より徒歩5分

開館時間:9:00〜19:00

休館日:毎月第3水曜日(祝日の場合はその翌日)、1月1日

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

http://www.shisetsu.jp/city.tendou/genkids/

 

 

5. 飛行機を間近に見ながら思いっきり遊べる!

伊丹スカイパーク【兵庫・伊丹】

★オススメの年齢:未就学児〜小学生

itami-ウイングデッキ

大阪国際空港(伊丹空港)の滑走路西側に隣接している「伊丹スカイパーク」。滑走路に沿って広がる公園内では、あらゆるスポットから飛行機の離発着を間近で見ることができます。敷地内は9つのエリアに分かれており、各エリアそれぞれで違った楽しみ方ができます。

itami-星空の丘

ボーイング777の主翼と同じ、約61mに及ぶ見晴台「ウィングデッキ」や、デッキの下に小さな子ども向けの遊具がある「翼の丘」、夜になると130mの道がライトアップされて夜景とともに楽しめる「星空の丘・休息の丘」があります。

itami-中央エントランス

「中央エントランス」エリアには、展望施設「スカイテラス」があり、テイクアウトカフェや売店があります。3Fには航空機の離発着情報をリアルタイムに表示するフライトスケジュールモニターもあり、目の前の飛行機がどこから来て、どこへ飛んでいくのかがわかるので、さらに臨場感を味わえます。

itami-冒険の丘1

また、大型遊具を楽しめる「冒険の丘」には、巨大立体迷路「キューブアドベンチャー」やローラー滑り台があります。

itami-大空の丘2

「大空の丘」にある芝生と石の大階段「だんだんテラス」で、家族でのんびり飛行機の離発着や空を眺めるのがオススメ。広い敷地のどこからでも見渡せる飛行機を間近に、子どもたちが思いっきり体を動かせるぜいたくな公園です。

 

●伊丹スカイパーク

所在地:兵庫県伊丹市森本7-1−1

入園料:無料

アクセス:[電車・バス]JR伊丹駅より、市バス22・23系統「岩屋循環」に乗車、「伊丹スカイパーク上須古」下車すぐ [クルマ]阪神高速道路・11号池田線「豊中北」出口から約10分

開園時間:9:00〜21:00(4〜10月の土日祝は7:00〜)

休園日:無休

授乳スペース:×

オムツ替えスペース:○

http://www.city.itami.lg.jp/skypark/index.html

 

 

6. 豊富な遊具で遊びながら楽しく科学を体験できる!

あすたむらんど徳島【徳島・板野】

★オススメの年齢:未就学児〜小学生

自然のなかで科学を体験しながら遊べる「あすたむらんど徳島」は、「冒険の国」「探検の国」「風車の丘」などの複数のゾーンからなります。冒険の国には約30種類の遊具があります。

水遊びができる「ウォーターパラダイス」では、水を利用した遊具で科学の仕組みを体験できます。山のような形の施設「ワイルドマウンテン」には、「暗闇迷路」「イライラ渓谷」など、子どもたちの遊び心を誘発するしかけがたくさん。

もっとも大きな複合型施設「わんぱく砦」は、巨大な立体迷路となっていて、上まで登ると冒険の国の景色が広がります。「探検の国」には「音の散歩道」や人力メリーゴーランド、車椅子で回る迷路など、さまざまな体験施設があります。

「風車の丘」には草原や展望広場、ゆったりと休める休憩所が多数。川や草原などの大自然のなかで遊んでいるうちに、科学を楽しめる仕組みがいっぱいの「あすたむらんど徳島」。施設内にはお食事処や、無料の大型駐車場もあるので、1日中楽しめます。

 

●あすたむらんど徳島

所在地:徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22

入園料:無料(子ども科学館、四季彩館など一部有料)

アクセス:[電車・バス]JR徳島駅よりバス乗り場3番「鍛冶屋原行き」乗車、「あすたむらんど」下車 [クルマ]高松自動車道・板野ICから5分

開園時間:9:30〜17:00(7〜8月は18:00まで)

休園日:毎週水曜日(8月12~15日の水曜日は除く)

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

http://www.asutamuland.jp

 

 

7. 畑や牧場、田んぼがある遊べるスポット!

長崎市いこいの里あぐりの丘【長崎県・長崎】

★オススメの年齢:乳幼児〜小学生

海を見おろす約50万㎡の広大な敷地を持つ農業公園型施設。敷地内は5つのエリアと里山のエリアに分かれています。入口の石造りの門を抜けると、まるでヨーロッパの農園のような風景が広がります。「門のエリア」や「街のエリア」には飲食店や雑貨屋さん、農産物直売所などのお店があります。

子どもたちの楽しみが詰まった「憩のエリア」には、ヤギ、ヒツジ、モルモットと触れあえる「ふれあい動物広場」や、カラフルな遊具のある「ちびっこ広場」があります。遊具からえさやり体験ができる「えさやりポスト」の前には、ヤギ専用のクライマーがあり、器用に登っていくヤギの姿を見ながら、えさを与えることができます。遊具の周りに動物たちが放牧されているスペースもあるので、動物たちといっしょに遊ぶように楽しめます。

さらに、水遊びができる「親水広場」や、広場の奥の大きな池には飛び石が置かれ、親子で楽しめます。「村のエリア」には、ジャージー牛が放牧されている牧場、芝生広場、アスレチックがあり、広々としたなかでのびのびと遊べます。

「畑エリア」や「里山エリア」は、農業体験や自然観察など(一部有料)自然と触れあいながらさまざまな体験ができるエリア。敷地内では、たびたび大きなフリーマーケットやイベントも行われています。自然あふれる開放的な敷地のなかで、動物や自然と寄り添える「長崎市いこいの里あぐりの丘」。お弁当を持って家族でのんびり過ごすのにオススメです。

 

●長崎市いこいの里あぐりの里

所在地:長崎県長崎市四杖町2671-1

入園料:無料

アクセス:[電車・バス]JR長崎駅よりバスで40分  [クルマ]長崎バイパス・川平ICより(川平有料道路経由)約15分

開園時間:9:30~18:00(12~2月は10:00~17:00)

休園日:無休(2〜12月は毎週水曜日、祝日は除く)

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

http://aguri-hill.com

 

 

8. 遊びながら科学の不思議に触れられる!

広島市こども文化科学館【広島県・広島】

★オススメの年齢:未就学児〜小学生

hiroshima_外観

「みる・ふれる・ためす・つくる・たしかめる」がコンセプトの、入館無料の科学館。1階から4階まで、さまざまな科学を学ぶ仕組みが用意されています。

hiroshima_科学館1階 010○

1階から2階の高さまで広がる「たんけんとりで」は、空中廊下やジャングルジム迷路などの遊具や、体験装置のしかけが一体となった大型展示。体を使って遊びながら、科学の基本原理を体験することができます。

ほかにも1階には、雷の放電や、光、音の実験を通してその原理や仕組みを体験できる「天空の夢の国」があります。

hiroshima_科学館2階サイテック博士の研究室

2階の「サイテック博士のおもしろ研究室」では、くらしに関する科学技術を体験できる装置があり、より身近な科学を楽しむことができます。3階には展示や工作室、実習室など、見たり作ったりして実際に科学に触れる教室がたくさん(要材料費、事前申し込みが必要な教室もあり )。4階のプラネタリウムは中学生まで無料で楽しめます。子どもの科学への好奇心をくすぐる、さまざまな装置を使って、遊びながら科学を学びましょう。

 

●広島市こども文化科学館

所在地:広島市中区基町5番83号

入館料:無料(プラネタリウムの観覧は高校生以上有料)

アクセス:[電車]広島電鉄「原爆ドーム前」電停から約300m

開館時間:9:00〜17:00(プラネタリウムの投影時間は公式ホームページをご覧下さい)

休館日:毎週月曜日、祝日の翌日、12月29日〜1月3日(その他臨時休館日あり)

授乳スペース:○

オムツ替えスペース:○

http://www.pyonta.city.hiroshima.jp

 

【こちらの記事もオススメです】

すくすくと成長するわが子の写真は、できるだけ上手にかわいく撮ってあげたいもの。でも、本格的な一眼レフのデジカメを持ち歩いたり、使いこなしたりするのはハードルが高いですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加