How To

実はこれ、10分で間に合う! 簡単&ボリューミーな超時短弁当レシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2016.10.20

Recipe 5:濃い味おかずがごはんにマッチ!

おにぎらず弁当

「水分が多いものを使うとごはんがべちゃべちゃしてしまうので、なるべく水分の出にくい具材を選びます。ソース類はなるべく使わず、素材の味が強いものや、たまご焼きなどには、しっかり味をつけておくことがポイント。おにぎらずの具には、ごはんが進むような味の濃いものが相性抜群です。きんぴらや生姜焼きなどもよく合います」(清水さん)

 

【焼き鮭と目玉焼きのおにぎらず】

材料(1人分)

ごはん…茶碗1杯程度

海苔…1枚

大葉…2枚

鮭…1/3切れ

たまご…1個(目玉焼き用、塩・コショウを振る)

 

つくり方

(1)ラップを20㎝程度にカットし、上に海苔を置き、カードサイズくらいにごはんを敷く。熱したフライパンにたまごを割り入れ、目玉焼きをつくり、焼きあがったら塩、コショウをしておく。鮭は焼いておく。

(2)ごはんの上に、大葉、焼き鮭、目玉焼きの順に具材を置き、下に敷いたごはんと同量のごはんを蓋をするように載せ、全体を海苔で包み込む。さらに上からラップで包み、形を整える。

(3)(2)を半分にカットし、具材の断面が見えるよう弁当箱などに入れる。

 

【スパムとレタスのおにぎらず】

材料(1人分)

ごはん…茶碗1杯程度

海苔…1枚

スパム…1切れ(ソテーする)

レタス…適量

たまご…1個(たまご焼き用)

マヨネーズ…小さじ1

 

つくり方

(1)ラップを20㎝程度にカットし、上に海苔を置き、カードサイズくらいにごはんを敷く。フライパンを熱し、塩、コショウ、マヨネーズ小さじ1を混ぜたたまごを入れ、厚み1cm程度のたまご焼きをつくる。

(2)ごはんの上に、レタス、たまご焼き、ソテーしたソーセージの順に具材を置き、下に敷いたごはんと同量のごはんを蓋をするように載せ、全体を海苔で包み込む。さらに上からラップで包み、形を整える。

(3)(2)を半分にカットし、具材の断面が見えるよう弁当箱などに入れる。

 

★Point 海苔は事前に出してしならせておく

「パリッとした状態では海苔が破けやすいので、つくる少し前に袋から出してしならせておくと包みやすいです。ごはんは中央に載せて、海苔の上下、左右を閉じて密閉するように包むと、ごはんがはみ出すことなくキレイに巻けます」(清水さん)

 

 

作ってくれた人

清水洋子さん

お弁当アーティスト。8歳女の子のママ。チカラを入れずに楽しめる田舎料理を中心に、どこか懐かしさを持ったオリジナリティあるメニューづくりを日々提案中。11月から三宿・黒猫にて土日のみランチを展開。平日は料理教室なども行っていく予定で、今後の活動にも注目。
Instagram  https://www.instagram.com/livingisnotfuckingeasy/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加