How To

簡単&華やか! 親子三世代で楽しめる春の行楽弁当レシピ5

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 撮影/矢郷 桃

2017.03.21

 

Recipe 5

干し柿の白みそクリームチーズ巻き

160217_nikuine-24

「市販の干し柿に白みそあんを絞り入れただけで、とっても簡単。それなのに見映えがよく、凝って見える一品です。上品な甘さで、お弁当のデザートにピッタリです」(横山さん)

 

材料(6個分)

干し柿…6個

クリームチーズ…30g

白あん…50g

白みそ…小さじ1

くるみ…6粒

 

つくり方

(1)白あんに白みそを加えてヘラでよく混ぜ、白みそあんをつくる。

(2)干し柿に切り込みを入れてクリームチーズをのせ、白みそあんを絞り入れて、くるみを飾る。

 

★Point 干し柿に塩気をプラス

160217_nikuine-38

「甘い干し柿に味噌とクリームチーズの塩分が入ることで、グッとコクが増します。そのまま食べるよりも、デザート感が出ますよ」(横山さん)

 

 

作ってくれた人

横山久美子さん

0421_086-200x300

青森県出身。単身でカナダに渡り、カップケーキデコレーターとなる。帰国後、いがらしろみプロデュースフェアリーケーキフェア入社を経て、ニコライバーグマンカフェノムへ入社。パティシエとしてスイーツづくりの経験を積んだ後、2014年に独立。2016年8月からは、東京・南青山で故郷の青森食材を使った料理とお菓子の教室「Knock’s kitchen」をスタート。一般社団法人おにぎり協会公式メンバーでもある。雑誌、広告等のフードコーディネート、イベントのフードケータリングなどでも活躍中。
[Facebook]https://www.facebook.com/KnockBlueForest-table-310517035767402/
[Instagram]@knock214

 

 

●こちらの記事もオススメです!

彩りよくキレイなお弁当の盛りつけが完成! でも、食べるときにいざお弁当箱のフタを開けてみると、中身がぐちゃぐちゃ……。そんな経験、ありませんか?

サンドイッチといえば、パンで具を挟んで食べるものが一般的ですが、サンドせず、簡単につくれる“サンドらず”が今、人気を集めています。くるっと巻いたり、パンに切れ目を入れて具を詰めるだけなど、とにかく手軽! にもかかわらず、ビジュアル映え抜群だから、ピクニックはもちろん、おもてなしやパーティメニューにもぴったりです。クレープのような見た目でお子さんは楽しく食べられるし、ママにとっては料理時間の短縮にもなって、いいことずくめ! そんな、今すぐつくってみたいサンドらずレシピを、アウトドア料理研究家でフードスタイリストの高松美里さんに教えてもらいました。

心地よく過ごしやすい陽気の春、いよいよ行楽シーズンの到来です。遠足やピクニックなど、アクティブなお出かけが多くなり、お弁当をつくる機会が増えるこの季節。また、お子さんの入園を控え、慣れないお弁当生活がいまから不安…というママも少なくないのでは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加